基本方針


豊中JCとは?


豊中青年会議所

(一社)豊中青年会議所(豊中JC)は1967年に全国で354番目の地域青年会議所として設立されました。以来40年間、市民のみなさんと共に地域に密着したまちづくり運動を継続し、その過程で集団指導力に関する研修や同志意識を持つ仲間との交流を行い、厳しさの中にも明るく楽しい活動を続けて参りました。そして現在、現役会員約80名とOB会員300名を擁する団体として成長し、地域からの注目と期待は益々大きくなっています。

21世紀を迎え、時代は新鮮な若者らしい発想と行動力が不可欠となっています。それに応える為にも青年会議所に入会し、新しい時代の担い手となるべく、共に運動を実践してみませんか。真の理想社会を追求し、共に汗を流し一つの目的を達成した時の感動と充実感は、すばらしいものがあります。運動を通じての経験が、あなたの人生にとって大きな財産となることを確信し、是非入会されますことをお勧め致します。

豊中青年会議所の目的

この法人は、地域社会における政治・経済・社会文化等に関する諸問題を調査研究し、国内諸団体と協力して、日本経済の正しい発展を図るとともに、会員の連携と指導力の啓発に努め、国際青年会議所機構を通じて国際的理解および親善を助長し、世界の繁栄と平和に寄与することを目的とする。

JC宣言

日本の青年会議所は
混沌という未知の可能性を切り拓き
個人の自立性と社会の公共性が
生き生きと協和する
確かな時代を築くために
率先して行動することを宣言する

綱領

われわれJAYCEEは
社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
志を同じうする者 相集い 力を合わせ
青年としての英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築き上げよう

理事長所信 一般社団法人豊中青年会議所 2018年度理事長 山田 敏央

理事長 山田 敏央新しい日本の再建は我々青年の仕事である  この言葉は日本最古の JC である、東京 JC の設立趣意書の冒頭の一文 です。戦後の日本の復興を自らの任務と考えた使命感に燃える若者により、 日本の JC 運動は産声を上げました。そして、我がまち豊中においても使 命感を持った若者により、1967 年 7 月 29 日 354 番目の JC として設立さ れました。このように JC 運動の根本は、大きな問題であっても、我が事 として捉え使命感を持って行動することであると確信します。  豊中 JC が設立され 50 年という長き時間が経過しました。その間、高 度経済成長期を代表する好景気時代や、バブル崩壊やリーマンショックを 中心とした平成の大不況を経験し、時間と共に日本、そして豊中を取り巻 く問題は様々な形に変化しつづけてきました。豊中 JC の運動も、変化す る時代に合わせて手法は移り変わってきましたが、大きな問題を我が事と 捉え、使命感を持って行動するという志は脈々と受け継がれてきました。  現在の我々が向き合うべき問題は何でしょうか。「衣、食、住」が容易 に手に入れることができるようになり、情報通信技術や交通手段の進歩・ 発達により、世界との距離は近づいています。そして学校だけではない新 たな教育を受ける機会の向上等、まちの利便性が発達し豊かな社会が広 がりました。  一方で、少子高齢化の影響から日本の人口は減少に転じ、放置すれば日 本の将来が先細りする状況になると予想されます。それにも関わらず、こ れからを生きる若い世代の主権者意識の低下により選挙における投票率 は低迷しています。また近い将来に起こると予想される地震災害や豪雨災 害。わがまち豊中においても起こることが予想され、非常時における助け 合いの体制を準備する必要があります。しかし、地域コミュニティの基礎 である自治会や消防団への若い世代の加入率も低迷しています。これらの 問題は、自分自身が動かなくても誰かが何とかしてくれる。私一人では何も 変わらない。といった我がまち「とよなか」の未来を我が事として考えてい ないことが原因だと考えます。このような状況が続けば将来我がまち豊中 が、そして日本が衰退してしまう可能性があると考えます。  我がまち「とよなか」の魅力を継続し発展させるのは我々青年の仕事で ある。  未来を生きる人のために我われ若い世代が、今住み暮らすまち「とよなか」 を今以上に明るい豊かなまちに変革することを考え行動する必要がありま す。我われ JC メンバーが若い世代のリーダーとして考え、行動し今を生き る若い世代にこの思いを伝播する必要があります。  まちの問題を我が事として捉え、使命感を持って行動する若い世代が溢 れるまち「とよなか」を、創造することによって今以上に明るい豊かな社会 が実現できると私は考えます。未来に生きる若い世代の意識変革すること こそが我々に課せられた最大の使命であると確信いたします。

2018年度 一般社団法人豊中青年会議所 基本方針

【当事者意識の醸成を広め、共感し成長しよう】
自分自身の成長、そして新たな経験のできる青年会議所は40歳の12月 31日をもって卒業を余儀なくされます。20歳から40歳で構成される青年 会議所メンバーは、志の高い、新たなメンバーを拡大し続けなければ存続で きません。今以上に明るい豊かな社会を実現するためには青年会議所運動 を継続させることが肝要です。新たな入会対象者に青年会議所がどのような 団体なのかを認知してもらうことが今後の拡大につながると確信いたします。 それを元に未来永劫、豊中青年会議所が継続できるようメンバーの意識変 革を行います。  青年会議所メンバーの業種も多種多様で考え方もそれぞれ異なっておりま す。考え方の異なったメンバー同士、それぞれの意見に耳を傾け理解し、そ して共感を持ち共に考え、切磋琢磨することで、新たなる思想が生まれ、人 は大きく成長できると考えます。この経験こそが地域に必要とされ、そして 頼られる真のリーダーへと成長できる機会になると確信いたします。
【まちを、そしてひとを愛し成長するまち「とよなか」を創造しよう】
交通インフラの進歩、そしてマンションやビルの建設増加等が一因として 子供が安心して遊ぶ場所が減少し、体を動かす機会も減っております。それ も原因として外で子供が体を動かして遊ぶことが少なくなり、テレビゲームや スマートフォン、そしてパソコン等を利用した室内での遊びにシフトしており ます。その影響からSNSを利用した陰湿ないじめや、引きこもり等が一因と して起こる家庭内暴力なども増加傾向にあり無視できません。このような問 題を重く考え、未来を生きる子供たちに安心して体を動かし健やかに育って もらえる機会や、道徳教育の基礎である「ありがとう」を言える子供が溢れ るまちを確立することが必要です。そして豊中市は様々な高校スポーツ発祥 の地という地域性を持ち、政策として「音楽あふれるまち・とよなか」のスロー ガンのもと様々な運動を行っておられます。豊中市の強みであるスポーツや 音楽を基礎とした運動を青年会議所が行うことで市民の皆さんにまちを、そ してひとを愛し成長するまち「とよなか」を感じてもらえると確信いたします。
【未来を見据えた国際都市「とよなか」を推進しよう】
日本に訪れる訪日外国人は、2011年度は約600万人。そして観光立 国推進という国策のもと、2016年の訪日外国人は2400万人を超えまし た。また2020年には東京オリンピック、パラリンピックの開催が予定され ており、今後も訪日外国人が増加することが予想されます。また全国各地で 色々な国のホストタウンが登録されており、それを元に、観光を目的とした 訪日外国人を迎え入れようと様々なアクションを起こしております。今後、国 際都市とよなかを実現させるためには市民、そして行政に訪日外国人を迎え 入れることの必要性を理解してもらうことが肝要だと考えます。我がまち豊 中の利点として空港や高速道路、また鉄道等の交通インフラの整ったまちで、 訪日外国人を迎え入れることが容易な土地柄を有しています。この優位性を 生かし我々は市民、行政に対し国際都市とよなかの必要性を発信し、理解 していただける運動を行います。また我がまちの強みでもありますスポーツ を通じて国際交流に対する考え方の変革、また世界で通用する人材育成や、 世界から賞賛されている日本人の心を醸成できる機会を提供いたします。こ の運動こそが将来、国際都市とよなかを実現するための一歩になると確信い たします。
【主権者意識、当事者意識の高い若い世代が溢れるまち「とよなか」を確立しよう】
現在の日本は時代の変化に伴い、未来に対して希望の持てない若者の増 加、選挙における投票率の低下、災害に対する備え等様々な問題を抱えて おります。このような問題に対し真剣に考え解決していくべき、若い世代の 主権者意識や当事者意識の低さもあり、若者の声が反映されにくい社会構 造となっていると考えられます。未来を生きる子供たちには、希望あふれる 未来を創造するのは自分自身だとわかってもらえる教育の機会を、そして今 を生きる大人に対し、住み暮らすまちの未来を自らが選択し、明るい豊かな 社会を実現していくのは、自分自身だと言う当事者意識を醸成する機会を提 供することが必要であると考えます。そしていつ起こるか分からない地震災 害や豪雨災害。こういった大災害が起こることを想定し、我われと行政・市 民・関係諸団体が共に力を合わせて災害に立ち向かうことが肝要です。また 若い世代に対しても被災時には市民全員で我がまち「とよなか」を守るとい う当事者意識をもってもらうことが必要不可欠であると考えます。今後、各 種団体と共に災害に立ち向かうべくネットワークを構築し、みんなでまもる 防災都市を確立することが今後求められていることだと考えます。今を生き る若い世代に自分の住み暮らすまちの未来は自分でつくる、まもる、そだて ると言った当事者意識の醸成を行い、そして若い世代に自分自身が住み暮ら す「とよなか」の明るい豊かな未来について本気で考えてもらう機会を提供 し、主権者意識、当事者意識の高い若い世代が溢れるまち「とよなか」を 実現いたします。
【現在の世の中にあった組織運営へと変革し、JCの魅力を発信しよう】
我がまち「とよなか」を今以上に明るい豊かな社会に導く運動を行うため に、我われは様々な会議を行っております。現在では会計面や法令順守(コ ンプライアンス)が強化されていることから、今まで以上に青年会議所メン バーの資質向上を求められ合理的な組織運営が必要であると考えます。また 50年もの長きにわたり運動を行ってきた豊中青年会議所ですが、市民から の認知度は高いとは言えません。今後、青年会議所がどのような団体なの か、どのような事業を行っているのか、市民に広く知っていただくためには、 その時代に合った新たな媒体や手法を用いてPRを強化する必要があります。 また豊中青年会議所の価値を高めるには、規律や歴史を重く考えながらも、 既成概念にとらわれずに、変革を続けることが肝要です。今後メンバーの資 質向上はもちろん、行う事業や内容を広く発信し、市民から広く愛され必要 とされる団体へと変貌いたします。

共感リーダー拡大委員会 基本方針 委員長 藤原 伸充

豊中JCは、「明るい豊かな社会 」の実現に向けて 、 様々 な運動を展開して まいりました 。 しかしながら 、20歳から40歳で構成されるJ Cは、拡大を継続して行わなければ 、J Cの存在自体 が消滅してしまう懸念 があります。未来永劫 、地域の牽引役として輝き続け るためには、豊中JC全メンバーが拡大に対する重要性を再認識して意識を高め、J Cの 理念を共感で きる人材 を発掘し 、拡大していくことが必要であると考え ます。 会員の拡大で より一層 の成果をあげ るため に、幹事出向者会議と拡大交流会を行います 。 幹事出向者会議では、各委員会から幹事を出向者として迎え入れ、必要に応じて、会合や グループメールなどを活用し、各委員会メンバー の入会希望者やメンバーの友人知人など の拡大対象者 の情報共有を綿密に行います。そのなかで、 メンバー の交友関係を活用し、 豊中と所縁のある企業や諸団体などへ積極的に出向き、拡大活動を行ってまいります 。拡 大交流会では 、多数の対象者に参加してもらえる ような、ビジネスに特化したものや気取 らない娯楽など、幅の広い様々な企画を考案し、定めた日程に対象者を一斉に 集い実施い たします。 そ こで 参加していただいたオブザーバーに、豊中JCが 、ど のような団体なの かをしっかりと伝え、共感して もらい入会につなげます。豊中JC全メンバーに対しても 拡大の重要性 を強く認識しても らう例会を実施す ることに より、当事者意識をもった拡大 運動の高揚を図ります 。LOM全体 が、強く拡大意識をも ち、拡大運動 を継続し行う こと で、会員数減少問題を解消して まい ります。 会員拡大の継続が、 我 々の大きな力となり、その運動を通じて豊中 のま ちを牽引してい く 、崇高な理念と当事者意識を もった真のリーダーを生み出すこと が 、明るい豊かな社会 の実現につな がると確信します 。

■事業計画
1 .会員拡大運動の実践 全体 30名(拡大委員会10名 )
2 .担当例会 の企画・運営
3 .例会における入会式の設営
4 .京都会議 の設営
5 .大阪ブロ ック協議会 ブロ ック大会ブース出店の担当
6 .その他、当委員会 の目的達成に必要な事項

共感リーダー育成委員会 基本方針 委員長 小森 浩司

我々、 豊中JC は「明るい豊かな社会 」の 実現を めざすべく、様々な事業、例会を通じ、 リーダー育成に取り組んでおり ます 。地域に変革 をもたらすためには、自己への負担 を恐 れず、あらゆ る問題を我が こと と捉え、仲間とと もに解決に向かえ る人材が数多く必要で す。 JCには リーダー育成の土壌が整って おりますが、まずは新し く入会したメンバーに、 参加意欲を高 めていただくこと が、最重要と考え ます。 本年度、共感 リーダー育成委員会は 、 メンバー 間 の距離感 を縮め るために、 職種、名前 の記載した 名札を配布します。 また 、 新入会員に対しては 、 委員会運営に おける 資料 の作 成、プレゼン テーションの機会 を与え自ら 直接関わることで 、豊中 JC の一員だと深 く理 解し ていただ きます。 また 、 委員会や懇親会に来 られない メンバーにも 、 情報や環境 の共 有を行うことでいつで も参加しやす い 状況を創出します。 そして、 各例会を担当する上で は 関係諸団体 、先輩諸氏へのお もてなしからはじ まり、メンバー間交流 、家族への感謝、 卒業生との 懇親を行い ます。 そ の中で一人ひとり が 役割を全うし、達成感をあじわう こと で、 当事者意識の向上により 、 参加意欲の さらな る 高揚を図ります 。 また 、 各種例会にお きまして は 、 新入会員 が セレモニー を担当し 、 JC におけ る 理念・目的の理解を深めても らい 、 設営を 担うことで、 責任感と 連帯感を 醸成します。 さらには日本 JC、近畿地区協 議会、大阪ブ ロック協議会など の事業にも積極的に 参加を促し ます 。 そ こで体感する 事業 規模が 、 新たな発想を生み だ す 機縁ともなります 。そのよ うな体験 を 活かし 、 各自の経験 値を上げ、 地域の運動 の一助となり 、 さらなる自己成長に もつなが ると考えます。 共感リーダー育成委員会は 、 メンバー 一人ひ とり が、 積極的に 参加する ことによって 、 自己研鑽し、 地域から頼られる 真の リーダーを育み、延いては 「明 るい豊かな社会」 の実 現につながる と 確信しております。

■事業計画
1 .会員拡大運動の実践(5 名)
2 .各種例会の設営
3 .担当例会の企画 ・運営
4 .各種事業・大会への参加 ・協力
5 .大阪ブ ロック協議会 出陣式 ・大納会の担当
6 .その他 、当委員会の目的達成に必要な事項

とよなか「ライフ」創造委員会 基本方針 委員長 伊関 喜昭

豊中市は 、 住民主体で の活動の担い手が不足していること により 、地域活動への参加率 が 低下し 、 ま ちに関心や愛着を持つ市民の減少や地域内での 人間関係 が希薄化しています。 市民が地域へ の愛着と帰属意識 をも って 、とよなか「ライ フ」を過ごすには、未来を担う 子供たちが健全な大人に成長す ることが重要であ り、家族 が一緒に過ごす機会や、地域に 住み暮らす市民同士の交流を創造す ることが必要です 。 本年度当委員会では、 真剣勝負 の厳しさ、勝つ喜び、また負 ける悔しさや相手を思いや る気持ちを体験するた めに、第 6回わんぱく相撲豊中場所 を行い、青少年世代に健全な心 身と道徳心を養っても らいます 。そして、 子供た ちに は、 相撲を通じて 、道徳教育の基礎 である 「 あり がとう 」 の感謝の言葉 を伝えること を学んで もらいます。 さらに、 豊中 JC メンバーが、 礼節や道徳心を重んじ る心を再認識し、参加した 子供たち としっかり向 き合 い、時には厳しく接す ることで 、 日本人の本質的な物の考え方であ る 和 の心を身に付けて もらいます。 また、豊中市において我 々の活動によ って、子供から大人 まで が魅力を感じ 、 地域の 健全な発展をめざす 事業 を実施します。 そして、地 域住民が事業へ参加や協力し た くなる ような 地域活動 を我々が構築 することで 、 市民が地域への愛着と まちに住み暮 らし ている当事者意識を醸成します 。 さ らに、 参加した地域住民同士が交流し、家族が一緒に 参加することで、地域内での人間関係の向上を図 ります 。 また、 我 々が地域に頼られ 、 お 互いが支え合える関係 を築くた めに 、豊中JCの 運動を発信し続け ます 。 豊中の未来を担う子供たちが道徳心 を養い成長す ること、 また市民同士 が新たなコミ ュ ニティを構築し、住み暮らすま ちに愛着を持ち、 まちとと もに成長でき ることで、今以上 に華めく とよなか「ライフ」を実現します。

■事業計画
1. 会員拡大運動の実践( 目標5名 )
2 .第6回わんぱく相撲豊中場所の企画・運営
3 .スポーツや音楽を基礎とした事業の企画・運営
4 .日本JCサマーコンファレンス の担当
5 .その他、当委員会 の目的達成に必要な事項

International city「とよなか」推進委員会 基本方針 委員長 織田 篤

豊中市は地理的な優位性があり、 交通インフラが整っているにも かかわらず、 近隣まで 来ている 訪日外国人を呼び込むことすらできておりません。 国際都市として発展していく ためには、 訪日外国人に魅力を感じてもらえるコンテンツを発信し、豊中に来ていただき、 地域経済の活性化を行う必要があります。また、これからさらに進むであろう国際化にも 対応できるよう グローバルな人材を育成することが必要です。 本年度、当委員会は国際都市とよなかの実現に向け、 我われJCメンバーと市民や行政、 他団体と とも になぜインバウンド消費を獲得する必要があるのか、 そして訪日外国人が訪 れたくなる豊中市のまちの魅力とは何なのか、 また訪日外国人への対応の仕方について学 ぶ例会を実施致します。我われが豊中市を支えている市民だという当事者意識をもち、こ れからの豊中市が進むべきまちの国際化についての知識を深め、 魅力的な国際都市として の発信の仕方を学ぶ機会を提供します。 さらに外国人が訪れたくなるまちについて考える ことにより、豊中市がグローバル社会に対応した新たなまちの魅力の創造につながります。 また我がまちの強みであるスポーツを通じて、青少年たちに強い体を作ってもらうと とも に、グローバルな人材を育成する事業を行います。具体的には今まで日本人が世界から賞 賛されてきた日本人の心を醸成する と とも に、自分たちとは違う文化や習慣に触れてもら い、理解することにより 、 新たな考え方や価値観を見出すきっかけとなり 、国際感覚を持 ち合わせた人材として育成します。 これらの事業を通じて、 我われを含む市民のまちの国際化に対する意識の変革により 自 己の成長につながる と とも に、 まちの魅力の再発見や新たな魅力の創造につながり、 国際 都市とよなかとして発展していくと 確信致します。

■事業計画
1. 会員拡大運動の実践(5 名)
2. 担当例会の企画・運営
3. JCI ASPACの担当
4. JCI WORLD CONGRESS の担当
5. その他、当委員会の目的達成に必要な事項

みらい教育・防災都市「とよなか」確立委員会 基本方針 委員長 村上 正幸

今、20代から40代の若い世代の政治や選挙に対する関心の低さが目立ちます。現在 の課題を解決するにとどまらず、未来につながる社会を積極的に構築していくためには、 若い世代が選挙や政治に興味をもち、主体的に行動することが必要です。また地震災害や 豪雨災害に備え、近隣住民同士お互いに助け合う地域風土の醸成が重要ですが若い世代は 残念ながら地域への帰属意識が高いとはいえずこれを高める必要があります。 今年度は、これまで選挙や政治に関心をもっていなかった若い世代のうち、特に30代 から40代を中心とした子をもつ親世代に対してとよなかを知り、考え、意見をもち、自 らの住む豊中市と向き合える機会を提供します。この機会を通じて選挙が自らの将来に重 要なことであり、未来の市政は自分の意思決定に関わっているという主権者意識の高い親 世代の育成をめざします。また、防災活動の第一歩として重要な要素である、地域に住ん でいる住民同士が互いの顔を覚える機会を作るとともに、若い世代の防災に対する当事者 意識を育み、地域を守る意識を醸成します。具体的に町内会、自治会が自主的に行う自主 防災組織の取り組みと、地域コミュニティの活動を組み合わせ、若い世代が参加しやすい 地域住民のコミュニケーションの場を作ります。そのような場を通じて未来を担う若者が 自らの地域へ関心をもち、明るい社会を実現していくのは自分自身だと気づく機会を提供 します。この取り組みを通じて主権者意識や当事者意識の高い若い世代が、それぞれの家 庭や地域で子供たちと接することで、未来を生きる子供たちにもこれを伝播させることが でき、主体的に行動することの重要性を教育する機会を提供します。 以上の運動を行うことにより、意識の高い若い世代が増え、その子供たちも自然と親か ら教わり、自らの地域を自らが率先して行動し、守ることのできる若者が溢れるまち「と よなか」を実現し、みらい教育・防災都市「とよなか」を確立してまいります。

■事業計画
1.会員拡大運動の実践(目標5名)
2.豊中市長選に関連する公開討論会の開催
3.担当例会の企画・運営
4.日本JC近畿地区協議会会員大会の担当
5.その他、当委員会の目的達成に必要な事項

総務広報委員会 基本方針 委員長 加納 栄二

JCメンバーは限りあ る時間の中で日々のJC活動を行い 、会議に参加しています。資 料の精度を高 め、 ケアレスミス等に よって引き起 こされる 会議時間 の圧迫を改善する必要 があります。 また、 若年層や子育て世代への認知度の向上はメンバー の 拡大や事業の拡充 にも直結する ことから 、 我々の活動 をより多くの市民に発信し豊中 JC の認知度を高 め、 豊中JCメンバーとしての誇り を醸成することは急務と考えます。 資料の ハイパー リンク切れやカガミ の不備等をチ ェックし 、その情報を 全委員会へフ ィ ードバックす ることで 、 資料の精度 を より 高め るとともに 、資料の前日配信を徹底す る等 の 会議の準備段階での さらなる合理化を図ることで、 諸会議が建設的な意見の飛び交 う場 となるよう尽力します 。また、研修 を通し、事業や 例会を構築する上で必要となる 会議の 手法や豊中J Cメンバーとして の目標や意義等を学ぶことで、 自己 の資質を向上させ 、J Cに対する 意識を活性化させます。 担当例会ではメンバーの資質の向上を 趣旨とした 企画、 運営を行います。また 、メンバー一人ひとりが豊中JCを構成している ことを意識し 、当 事者意識をも って広報してもら うべ く 、メンバーやまちの情報等をメンバー全員から集 め、 インスタグラ ム等の時代に即した広報媒体を用いて発信し ます。また、卒業を迎える メン バーへは、J C活動を振り返っても らうための設えを用意し、 これから の豊中JCを担う メンバーには 、厳粛な雰囲気の中で執り行われる卒業式の感動を 共有してもらうことで、 より 一層JC活動に対する意欲 を醸成してもらうための企画、運営 を行います。 メンバー一人ひとりが 豊中JC を構成している という 当事者意識の醸成 が、 基盤をよ り 強固なものとし、 個々 が 成長す ることで より価値 が増し た 豊中JC が 市民に浸透し 、 今ま で以上に市民に愛され必要とされる団体へ 昇華す ると確信します。

■事業計画
1. 会員拡大運動の実践(目標 5名)
2. 諸会議の設営
3. 担当例会 の企画・運営
4. メンバーへの研修実施
5. 豊中JC 及び豊中 JCの 活動の発信
6 . 広報誌「ゆうかり 」の発刊
7 . メーリングリスト「とかメル」 の管理
8 . アテンダンス制・褒賞制度 の実施
9 . 第67回全国大会 の担当窓口
10 . その他 、当委員会の目的達成に必要な事項
11 . その他 の委員会に属さない事項